【行政書士試験・独学応援】書評:2022年版 出る順行政書士 ウォーク問 過去問題集

01_書評
2022年版 出る順行政書士 ウォーク問 過去問題集

「2022年版 出る順行政書士 ウォーク問 過去問題集 」の評価まとめ

  • 総合評価:★★★★★
  • 使うタイミング:肢別問題集が一通り終わってから、本試験形式のこの問題集に取り組んでみましょう。
  • 購入すべきか否か:本試験形式の過去問題集としてはこの問題集一択です!購入をお勧めします!

「2022年版 出る順行政書士 ウォーク問 過去問題集 」の良い点・悪い点

良い点

  • 過去10年分の行政書士試験の問題を確認できる。
  • 本試験の問題形式に慣れることができる。
  • おすすめの総合テキストであるLECさんの合格基本書情報がリンクしている。
  • 設問ごとに受験者の正答率が確認できる(過去問の正答率が確認できるのはこの問題集だけです
    ちなみに正答率ですが、本試験後、LECさんはネットで無料の採点サービス実施します。その無料の採点サービスで、多くの受験生の解答データを収集して正答率を出しています。LECさん、商売上手(笑)
  • 設問ごとに重要度が示されている(A~Cの三段階)
    C問題は合否に関係の無い難問なので、基本的にスルーで大丈夫です。

悪い点(注意点)

  • 本試験形式の問題集のため、肢ごとの論点が異なります。初学者が最初に使う過去問題集としてはハードルが高いです。初学者さんは最初に肢別問題集に取り組むことをおすすめします。
  • 法令編の方はかなり分厚いです。
    自分は以下のように分冊して使っていました!
分冊したウォーク問

まとめ

いっくん
いっくん

最初は肢別問題集でアウトプット、実力がついてきたら本試験形式の本書でアウトプットしてみよう!

イタチくん
イタチくん

僕も早く肢別問題集の周回を終わらせて、この本で本番形式の過去問にチャレンジして実力チェックしたい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました